So-net無料ブログ作成
検索選択

X脚、脚痩せの治療経過 佐々木さん [美容 健康]

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

◆佐々木さんの症状の経過(治療回数20回)
膝0センチ、踵10センチの開き。30才。
過去に水泳、エアロビ経験あり。普段はヒールが多い。

写真左(治療前)

骨盤の歪み高さがひどく、左右の骨盤の位置が4センチ(右腰が高い)ほど違っていました。 そのため重心は左足にかたより、膝下のXの開きも8割がた右足の開きになります。
また、骨盤横の出っ張り(太ももの付け根)部分は、右足のみがぽこっとでっぱてしまっています。

写真右(治療回数20回)
結果:膝0センチ 踵0.5センチの開き、骨盤の歪みはなくなっています
治療後または自宅でのエクサイズをする事によって、左右股関節の筋力バランスが整い、矯正した右股関節を安定させることが出来ました。
また、佐々木さんの膝、股関節は通常より柔軟性があるため一回ごとの効果は早く、反対に矯正したものを定着させるのにウェートをおきました。

O脚の治療経過は⇒こちらから

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

О脚、太もものひろがりをおさえるケア [美容 健康]


適用:
太ももが外側に膨らんでいる。お尻が垂れている。
ふくらはぎの外側が膨らんでいる。
骨盤がねている。腰・背中筋肉を緩める効果もあり。

伸ばされる部位(トップの写真)
お尻(臀筋・深層外旋六筋)
太もも外側(大腿筋膜長筋・ハムストリング筋)
ふくらはぎ外側(腓腹筋・長腓骨筋)

手順:(例:右側のストレッチ)
           ↓ 完成図 ↓

仰向けで両膝を立てて寝る。
左ヒザのお皿の上(太ももより)に右足首を乗せる。(脚で数字の4の状態)
両足をそのままの状態で、胸の方へよせる。
注:
けして無理に引き寄せてない様に。脚の倒れる所で手は膝を抱えやすい位置なら、どこでもかまわない。
カラダが硬く、難しいようであれば座った状態で。
回数:
30秒~1分
一日3~5回

O脚の治療経過は⇒こちらから

※上記の方法は、骨(関節)の歪みを矯正するものではありません。O脚の根本的な改善には、骨格の矯正が必要になります。
骨(関節)の矯正に関しては、ご自身では行なわず、必ず専門の方に診てもらって下さい。
※この方法は個人差があり、すべての方に効果が出るとは限りません。
また、上記の注意事項を守らずに発生したトラブルや、効果の有無に関しては一切責任は負いかねますのでご理解下さい。。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

О脚、骨盤の前側ひろがりケア [美容 健康]


適用:
太ももの前側が硬く盛り上がっている。膝の上に脂肪が付いている。
骨盤の前側が広がっている。下腹部がぽっこりしている。

伸ばされる部位(トップの写真)
赤:腹部(腹直筋・腹斜筋)
赤:太もも前面(大腿四頭筋)
緑:インナーマッスル(腸腰筋)

手順
↓完成図↓

正座で座る。
膝が開かないよう気を付けながら、後ろに倒れる。
注:
腰が痛いときには避ける。呼吸を止めない。
身体が硬い方は、背中に座布団やクッションを敷き、上半身を安定させてください。
回数:
30秒~1分
一日3~5回

O脚の治療経過は⇒こちらから

※上記の方法は、骨(関節)の歪みを矯正するものではありません。O脚の根本的な改善には、骨格の矯正が必要になります。
骨(関節)の矯正に関しては、ご自身では行なわず、必ず専門の方に診てもらって下さい。
※この方法は個人差があり、すべての方に効果が出るとは限りません。
また、上記の注意事項を守らずに発生したトラブルや、効果の有無に関しては一切責任は負いかねますのでご理解下さい。。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

О脚 お尻のたれ、ひろがりケア [美容 健康]


適用:
太ももの前側・外側に膨らんでいる。股関節が外の開かず硬い。
お尻が外へ広がっている。お尻が垂れている。
伸ばされる部位:写真
お尻(臀筋・深層外旋六筋)
太もも外側(大腿筋膜長筋・ハムストリング筋)


手順:(例:右側のストレッチ)完成図:写真上
肩幅に脚を開き、四つん這いになる。
左側の膝と手の真ん中に右足首がくるように置く。
左ひざを伸ばし、後ろにスライドさせ重心を左の股関節に置く。
上体を前に倒し、オデコを床に近づける。
*写真では見やすいように上体を起こしてあります。

O脚の治療経過は⇒こちらから

※上記の方法は、骨(関節)の歪みを矯正するものではありません。O脚の根本的な改善には、骨格の矯正が必要になります。
骨(関節)の矯正に関しては、ご自身では行なわず、必ず専門の方に診てもらって下さい。
※この方法は個人差があり、すべての方に効果が出るとは限りません。
また、上記の注意事項を守らずに発生したトラブルや、効果の有無に関しては一切責任は負いかねますのでご理解下さい。。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

O脚、太ももの太さのケア [美容 健康]


適用:
骨盤が開いてる・股関節周りが硬い。
太ももの前面が盛り上がってる・ヒザが痛い時。

伸ばされる部位:写真
緑:インナーマッスル(腸腰筋)
赤:太ももの前面(大腿四頭筋)
黄:脚の付け根(股関節)

手順:完成図:メイン写真
椅子やベットに、浅めに腰を掛ける。
足首を椅子やベットに掛け脱力する。
足の重さ太モモの前面を伸ばす。
慣れてきたら反対側の股関節に体重を移動させながらヒザを床に近づけます。
注:
反動をつけずにリラックスした状態でする事。
回数:
30秒~1分
一日3~5回
O脚の治療経過は⇒こちらから

※上記の方法は、骨(関節)の歪みを矯正するものではありません。O脚の根本的な改善には、骨格の矯正が必要になります。
骨(関節)の矯正に関しては、ご自身では行なわず、必ず専門の方に診てもらって下さい。
※この方法は個人差があり、すべての方に効果が出るとは限りません。
また、上記の注意事項を守らずに発生したトラブルや、効果の有無に関しては一切責任は負いかねますのでご理解下さい。。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

O脚診断<症状例> [美容 健康]

□どの種類のO脚でも、骨盤の歪みがありますが、脚のラインを決定付けているのは、股関節・膝関節です。
猫背の姿勢、ガニ股や摺って歩く、成長期にテニスバレーボールなどの運動をされていた。ミュール
ヒールを普段履かれたりと後天的要因のかたはとても多いです。
O脚の治療経過は⇒こちらから


□症状例
レベル1~膝の開きが 2,3センチ <力を入れれば、膝が付く>
・ふとももが外へ膨らんでいるが、やや硬くなっている(ややたくましい)
・膝頭が内側を向いている(正面に維持できない)
・膝下外側の筋肉がやや硬くなっている(モリッとしている)
・末端が浮腫む(ブーツがきつくなる)、冷える(指の感覚が弱い)

レベル2~膝の開きが5センチ < 力を入れても膝が付かない>
・ふとももが外へ膨らんでいるが、硬くなっている(タイトスカートから脚が目立つ)
・膝頭が内側を向いている(正面に向けない)
・膝下外側の筋肉が硬くなっている(スネの骨より前に出ている)
・膝下が浮腫む(ふくらはぎがなくなる)、冷える(膝下の感覚が弱い)

レベル3~膝の開きが10センチ <膝を内側によせる力が入らない>
・ふとももが外へ向いてしまっている。腰から膝上まで硬くなっている <膝丈スカートでも目立ってしまう>
・膝頭が内側を向いている(まっすぐ立った時、膝裏が伸びない)
・膝下外側の筋肉が硬くなっている(スネ中央の高さ外側が横に膨張している)
・下半身が浮腫む(お尻に力が入らない)、冷える(寝ているとき脚がツル)

レベル4~膝の開きが15センチ <腰や膝、足首に力が入らない>
・骨盤が開ききって、下腹部が膨らんでしまう(お腹や内モモに力が入らない)
・前屈が膝までしかとどかない(腰から膝まで固まっている感じ)
・膝下が膝頭からだいぶ外側に向いてしまっている(足首捻れて親指中心にまっすぐできない)
・身体全体的に浮腫む(体重より太って見える)、身体全体が冷える(生理不順、便秘、慢性疲労)。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

骨盤のひろがりをおさえるストレッチ [美容 健康]


内もものエクササイズ&ストレッチ
適応:膝の間が離れている(1~3cm程度)
   膝が内側を向いている
   お尻が垂れている・大きい

エクササイズの手順:写真
1.仰向けに寝た状態で脚をそろえて下さい。
2.膝が曲がらないように、内ももを内側に締める(矢印方向)
3.2の状態をキープしたまま、お尻をキュッと締める。(自然と軽く腰が浮きます)

写真の赤い部分がキュッと緊張を感じるようであれば、きちんと出来ている証拠です。

この手順で、膝は締めたままで、お尻をキュッ・キュッ・キュッと早いリズムで10回。
そして最後に、力を入れた状態で10秒間キープ
これが1セットになりますので、毎日3~5セットやって下さい。
個人差はありますが、1週間以内に内ももが軽い筋肉痛になります。
それと、必ず終わった後に内ももを伸ばして下さい。(下記参照)

ストレッチ手順:写真下

1.両膝を立てる。
2.ゆっくりと膝を開き、両足の裏を合わせる。
3.脚を下方(写真の矢印方向)に動かし、気持ちよく感じるところでキープ
4.そのままの状態で、1~2分。

注意事項:
今回紹介したものは、必ずエクササイズの前後にストレッチを行なってください。
ストレッチ1回⇒エクササイズ3~5セット⇒ストレッチ1回の順眼です。
特に早く効果を出したいからといって、エクササイズだけや順番通りにやらないと、逆に内ももが固くなりすぎて脚のラインが崩れる可能性があります。
くれぐれもエクササイズだけでやらないようにして下さい。(ストレッチだけは大丈夫です)

※上記の方法は、骨(関節)の歪みを矯正するものではありません。
骨(関節)の矯正に関しては、ご自身では行なわず、必ず専門の方に診てもらって下さい。
※この方法は個人差があり、すべての方に効果が出るとは限りません。
また、上記の注意事項を守らずに発生したトラブルや、効果の有無に関しては一切責任は負いかねますのでご理解下さい。。。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

骨盤のひろがり、産後の骨盤 [美容 健康]


骨盤のゆがみ、でっぱり、ひろがり
■猫背、産後、O脚、デスクワーク(腰の向きが変わる)などにより、通常の骨盤の位置からお腹側が開いてしまう症状。位置が変化してしまうと、血管の通り道が遮断されたり、内臓など位置がかわってしまいます(機能低下)、影響として冷え性、脚の浮腫み、整理痛、便秘、下半身や脚のラインが外側に膨らみます。

⇒画像でいうと骨盤が広がりながら、腰が引けて股関節(骨盤の下部)が前に押し出された感じになります。。楕円の点線は、結果お肉のつきやすいところですね。。専門的にダンスやワークアウトされていないと出やすくなりますね。。

⇒ケア方法です。。
1)ペットボトル、整髪料のスプレー缶(中身が入ってすこし重たい方がいいです)などを内ももの点の場所(どちらかの)に挟みます。
2)姿勢を正し、つま先立ちしてください。
3)落とさないようにゆ~~くりと歩いてください。
これを1日3分ほどやられると骨盤の位置が安定しますね。アレンジで屈伸すると膝が内側によりやすいですよ。。がんばってください。

※上記の方法は、骨(関節)の歪みを矯正するものではありません。
骨(関節)の矯正に関しては、ご自身では行なわず、必ず専門の方に診てもらって下さい。
※この方法は個人差があり、すべての方に効果が出るとは限りません。
また、上記の注意事項を守らずに発生したトラブルや、効果の有無に関しては一切責任は負いかねますのでご理解下さい。。。

**カイロプラクティック レメディオ**
小顔・O脚・カラダの歪みのことなら・・・

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。